桜ノ雨 – 歌詞

By on 2011年12月10日(土) in Contents

桜ノ雨 – 歌詞

歌詞をダウンロード (24KB)

桜ノ雨

Music & Lyrics : halyosy

それぞれの場所へ旅立っても
友達だ
聞くまでもないじゃん
十人十色に輝いた日々が
胸張れと背中押す

土埃上げ競った校庭
窮屈で着くずした制服
机の上に書いた落書き
どれもこれも僕らの証し

白紙の答辞には伝え切れない
思い出の数だけ涙が滲む
幼くて傷付けもした
僕らは少し位大人に成れたのかな

教室の窓から桜ノ雨
ふわりてのひら
心に寄せた
みんな集めて出来た花束を
空に放とう

忘れないで
今はまだ…
小さな花弁だとしても
僕らは一人じゃない

下駄箱で見つけた恋の実
廊下で零した不平不満
屋上で手繰り描いた未来図
どれもこれも僕らの証し

卒業証書には書いてないけど
人を信じ人を愛して学んだ
泣き
笑い
喜び
怒り
僕らみたいに青く青く晴れ渡る空

教室の窓から桜ノ虹
ゆめのひとひら
胸奮わせた
出逢いの為の別れと信じて
手を振り返そう

忘れないで
いつかまた…
大きな花弁を咲かせ
僕らはここで逢おう

幾千の学び舎の中で
僕らが巡り逢えた奇跡
幾つ歳をとっても変わらないで
その優しい笑顔

教室の窓から桜ノ雨
ふわりてのひら
心に寄せた
みんな集めて出来た花束を
空に放とう

忘れないで
今はまだ…
小さな花弁だとしても
僕らは一人じゃない

いつかまた…
大きな花弁を咲かせ
僕らはここで逢おう

10 Comments

  1. 卒業式に歌います
    下手くそですけど頑張ります

    • 僕もサッカー大好きです!見るだけですがw
      卒業式、嬉しいです。ありがとう!
      技術に関わらず、大切な思い出の場所ですから、必ず伝わるものがそこにはあるはずです。
      がんばってくださいね!

  2. 上のコメント失礼しました。 

    私の学校の卒業式の退場曲が「桜ノ雨」になりました。
    はじめは合唱曲の候補だったのですが
    合唱曲は違う曲になってしまいましたが、
    先生の厚意で退場曲として
    私たちの卒業式を「桜ノ雨」に
    飾ってもらう事ができそうです。
    友達もはじめはボカロの曲で抵抗があるようでしたが
    今では毎日一緒に口ずさんでいます。

    最高の卒業ソングをありがとうございます。

    • 退場曲!?ありがとうございます!とても嬉しいです!
      確かに初めて聞かれる方は、驚くかもしれませんね。
      でも音楽の力は、人や機械を超えて伝わるものだと信じております。
      それを証明してくださった先生に、お友達に、そしてaliceさんに、心から感謝致します!

  3. 此方へのコメントであっているのかわからないのですが、メールフォーム等を見つけることが出来なかったため此方へコメントさせて頂きます。

    卒業式で答辞を読む際に桜ノ雨のピアノver.を流したいと思っているのですが、CDに入っている音源では伴奏のみとなっており少し寂しいのでもしよろしければメロディーラインがピアノで入っているピアノ伴奏(?)ver.をアップロードしていただけないでしょうか。

    よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます!
      お問い合わせフォームは、別途ご用意致します。

      ピアノですが、現在メロディ付きのピアノ音源がご用意できません。
      他サイトで恐縮ですが、すてきなメロディ入りのピアノを惹かれてる方がいますので、ぜひご覧下さい。
      http://www.youtube.com/watch?v=0H0J5fiUTbY

  4. 歌詞をダウンロードを押しても何もならないんですけど…
    右クリックしても対象をファイルに保存とかでてきませんし…

    でも、最高に泣ける歌ですねっ!
    vocalodreamで聞いたのですが最後のhalyosyさんの歌声も素敵でした~

    • 失礼しました、ダウンロードは未対応の状態でしたので、修正します。
      それまでお手数ですが、歌詞のテキストをコピペしてお使いください!
      Vocalodream聞いてくれてありがとう!

  5. 今年はついに中学卒業です。
    今の中学には保育園、小学校、中学校と
    12年間共に過ごした仲間がいます。
    彼らとは喧嘩をし、衝突もしました。
    そんなときいつも涙を流し後悔していました。
    そんな仲間とも残り数十日で別れます。
    卒業ソングは「桜ノ雨」です。
    最初はボカロの曲だと思い、嘗めていたのですが、
    歌詞の意味を卒業に近づくに連れ、卒業が寂しくなってきます。
    「別れありの出会い」ですので別れは必然。
    しかし仲間との別れは本当に哀しいものです。
    そんな最後の一日を桜ノ雨で別れたいと思います。
    感動的な歌を有り難う御座いました。

    • 心温まるコメント、ありがとうございます。
      自分の学生時代を思い出して、懐かしくなりました。
      一生に一度の日です。大切な思い出になりますように。